車はアート

車は停まっている生き物だ

誰かが乗って 使いこなす時間よりも、彼らがひとりポツンと黙っている時間のほうが 遥かに長いんだよ


それにどうだろう? 運転する人が自分の車の外観を見て楽しむことはできるかな?

メーターと ミラーと フロントガラスぐらいしか 見ていない

悲しいかな ドライバーにとって車はアートじゃないように思えるね

でもそれはほんの一面のことだけ やはり車はアートなのだよ

駐車している時間が 停車している際に 車は街のアートとしての機能を果たす


都会に佇むレクサスが BMWが ポルシェが

見る人の心を楽しくさせてくれるのに 君もきっと同調してくれることだろう


車はアートなのだよ 見て楽しむものが車

車は見る人を楽しくさせる社会的役割を課せられている のかもしれないね

こと乗用車においては

 

 

 


だから車のデザインは大事だ

自動車メーカーには 年収1800万円ものカーデザイナー がいるのを知っている

デザイン部門の より上の役職の方だったら もっと高年収の人もいるだろう

それは一般の自動車メーカー社員の年収より もらっている数字だ

アートの機能は特殊だから 彼らデザイナーは アーティストのように給与体系が別なんだ


車はアート 車はアート

トヨタのエスティマは 日本刀の美しさをヒントにしたと聞いた

レクサスのLSは 運慶の仏像がアイディアだって?


日本の田園風景を走っていて様になる車って粋じゃないかな

アメリカのフリーウェイに 超ド級のモンスタートラックがいるのも

運送業っていうこと以上に はまりすぎていて もうアートの世界なんだよね

 

車は作業だけに 移動の手段だけに 使われる時代はもう終わった

これからの車は アートでなくちゃいけない

これからの車は 環境破壊の反対で何かを地球に 世の中に プラスをもたらす存在 でなくちゃいけない

技術的に環境改善の役に立てないのが車の宿命ならば アートの道があるじゃないか

 

アートであること そこから車は逃げられないよ