車の進化

100年先の車の進化、ねぇ。

そんなキーワードで検索しちゃって、あなたはよっぽど、車がお好きな方。

100年先には、車はどんな進化を遂げているのでしょうか。

 

未来を知るには、過去から。

逆に100年前の車の進化って、まだ車の創世記。

それが100年で、電気自動車や燃料電池車が現実性を帯びるまで進化してきたのだから、

これって凄いこと。

2000年かけて、人はどれだけ進化してきたのかな?

ここ100年の進化は加速度的だけど、昔の100年の進化ってあまりスピード感はない

 

だから、次の100年に車の進化を求めようとする、あなたの心って、

人間の進化の歴史からすれば、いびつなものだよね。

と堅いことを言いましたが、将来の車、100年先の車って、僕も気になります。

僕は推測しよう、100年先の車の進化は人が運転していない、と。

 

 

 

 

あなたは高速道路に乗ると、自動ドライブモードに切り替えて、シートを倒して眠りに入る。

行き先だけセットしておけば、あとは高速道路の出口まで、

未来の車に内蔵されたコンピューターが、事故なく、高速で、正確にあなたを運んでくれる。


一般道路ではまだあなたが運転することもあるでしょう。

全くの静音となった高速道路網だから、地方や住宅街までびっしり整備されているようになっている。

最小限の人力、最大限の自動化。

人間の判断ミスは100年先にも残るから、

100年後の車の進化コンセプトは、「なるべく人に任せない車」ということになる。


すごいよ、人間って。

わずか200年の間に、人力車から、コンピューター運転車までの進化を遂げていったのだから!

そうそう、車って人が運転すべきものじゃないって、そう世論が行き着いた先が、100年先の車なのだよ。

 

 




1