プリウスSUV

「プリウスSUVは、大きいのに軽自動車より低燃費」

やってしまった。

すごく挑戦的なキャッチコピーを掲げて、プリウスSUVを世に送り出す。

禁断の領域に触れているのを感じる、ギリギリの仕事になった。


車体の大きなSUVに乗っているのは、結局ドライバー1人だけのことが多い。

平日、通勤車両としてのSUVを見かけると、あの大きさがムダだなぁ、というイメージが強かった。

別にそのことぐらいでSUVバッシングなんて起きていないけど、

自分でSUVを運転していても、車体の半分を切り捨てたい気持ちになったもん

 

 

 

 

本当にSUVが活躍するのは休日、家族や仲間たちとのお出かけの時

他の車種じゃムリなぐらいに一体感とか、自由度とか、快適性のあるSUVを私は愛していたから、

SUVの小さなマイナスイメージ払拭をなんとかやりたいな、と思っていた矢先の出来事だった。


今をときめくプリウスブランドのラインナップに、プリウスSUVを加えて欲しい。

SUVなら300万円前後が相場だから、小型車と比べれば利益率も高い。

そう頼まれては、エンジニアの腕が疼く、やらずにはいられなかった。
 

とびっきりの低燃費にこだわって、そこらの軽自動車よりも燃費を良くする、

そのことに命をかけて、でっかい車体を一人で乗り回しても、

むしろ軽自動車を乗るよりもクリーンなことを実現しようと思ったよ。

 

「プリウスSUVは、大きいのに軽自動車より低燃費」
 

プリウスSUVでこその、イメージ転換。

エコは車体の大きさでは測れない、ということが叶えられて、私は至極満足だった。

 

 




1