リニアモーターカー 名古屋 品川 40分

なにしろ40分だ、リニアモーターカーで名古屋〜品川の片道時間は。

トイレに席を立つこともない、うかつに眠ってしまったら走る音や感覚も感じる間もない。

逆に味気なく、旅情を一切感じることがないリニアモーターカー


人の感性に訴える素材がなくて、機械的な移動手段として飽きられてしまわないか。

それが怖くて導入検討しているのがリニア車内映画館化だ。

 

 

 

 

出発すると車内の電気は消え、幾つか設けられた大型モニターに映像が映し出される。

まるでテーマパークのアトラクションのよう。

リニアモーターカーの技術を紹介するムービーだったり、車両最前方の操縦室から見える景色。


子供も飽きないような映像だから、車内でグズって周囲に迷惑をかけることもない。

面白いのは車両ごとに映像が異なっていて、映像なしの車両もあれば、

子供向け、観光客向け、あるいは特別に創られた40分間のショートムービー


リニアモーターカーで頻繁に移動する人たちが何回乗っても飽きない仕掛け。

地下のトンネルが9割がたで、外の景色を見ることが皆無のリニアモーターカー。

そのデメリットを消すための工夫、リニアモーターカーの映画館化。面白いアイディア?

 

 




1