中国 自動車市場

人類に絶望ばかりしていると 最悪のシナリオも書きたくなってくる

ほら 未来の自動車のイメージで火星みたいな不毛の大地を駆けている車 ってあるでしょう?

小さい頃は 「すごいなー、車って地球以外も走っちゃうんだー!」 っていう

羨望の眼差しで見ていたけど 大人になって 世界が分かるようになるとあれが現実的なものに見えてくる

 

オフィシャルには12億人という人口だが 一人っ子政策にまぎれて

戸籍上には存在しない子供たちが 3億人前後はいると噂されているのだから中国の総人口は到底数え切れない

地球上にある7億台の車たちが 見事に地球という丸い星を温暖化させ

各地で確かな温暖化の証拠を創り上げている わけなのだが

この争いに中国人が加わる ということを考えると 目の前が真っ暗になる


いいえ、事実真っ暗になる

50年後 先進国並みに経済成長を遂げた中国の国民らが一人一台の自動車を保持したとしよう

それも高価なハイブリッド車や電気自動車 燃料電池自動車が普及するわけもない


先進国では そのエコカーが使われ 要らなくなったガソリン車が中国に出回る

自動車の数は倍増し 中国で吐き散らかされる排気ガスは いずれ中国全土をアジアを 世界中を 真っ暗に染めてしまう

 

 

 


これは中国だけではない

インドで ブラジルで ロシアで 確実に起こりうる 「事実」 なのだ


だから地球は 昔の火星のイメージみたいに 緑を失くした荒地になり

そこを走る自動車は まるで今でいうところの火星を走る宇宙車

窓をあければ 地獄の熱風と汚染大気だから外気を遮断する装甲車みたいな丈夫な自動車が 生き残ったりして


中国の未来の自動車っていうけど 別に中国が悪いわけではない

台頭するマーケットを狙って 世界中の自動車メーカーがBRICsに進出している


「中国で走る車はいずれ全て低公害車にするんだ!」

と宣言した日系自動車メーカーもいるけどこれまでの先進国の豊かさ独占のツケが

未来の自動車を 死の車に変えてしまうものだと 信じたくもなる

 

言い訳程度のハイブリッドが 真面目に取り込まない電気自動車が

導入に金も時間もかかる水素の燃料電池自動車が

ここ20年程度に飛躍的に進化して 中国までもすっぽり包むと思うかね?

失礼ながら 将来や周囲のことを考えることなく

自分と家族たちだけの利益だけを究極的に追求する国民性をもつ中国を


人類に絶望ばかりしている わたしのような人間には中国の未来の自動車には最悪のシナリオしか見えてこない

誰か わたしのこの悪夢を 取り去って欲しい

人類に希望を抱いてもいいって思わせてくれる 些細でもいいから そんな証拠を見せて欲しい

 

 




1