自動車産業は裾野の広い業種

車とシマフクロウが一緒だって、自動車メーカーと知床半島が一緒だって、

あなたはそう聞いてイメージできるかな?

自然界にアンブレラ種と呼ばれているものがある。

頂点に位置するアンブレラ種の傘の下には無数の動植物たちが存在していて、

その星の数ほどもいる生態系の代表格として、アンブレラ種がいるのだ。

アンブレラ種はひとりでは生きてゆけない。

多種多様な生き物たちがいてこそ、そのアンブレラ種は生きゆく土壌を確保することができる。

 

自動車メーカーはどうかな。

彼らだってひとりで自動車を製造できるわけじゃない。

自動車産業は裾野の広い業種って言われるね。

ひとつの車を完成させるには何万個っていう部品が必要になって、

その部品の製造を担うのはやはり星の数ほどもある自動車部品メーカーたちだ。

いいかい、自動車の部品メーカーがいなくなったら自動車を作ることはできない

いいかい、知床半島の多様な生き物がいなくなったらシマフクロウは生きることができない。

 

 

 


いずれもその業界の頂点にいる存在なのだろうね、

しかし彼らアンブレラ種を支えているのは間違いなくその傘の下にいる多くの存在だ。

僕は思うんだ。アンブレラ種であるシマフクロウは、豊かな自然界の象徴だよ。

彼らが何か決定的な役割を担っているわけではない。

だから自動車メーカーも日本の豊かなモノつくりの象徴だって思っていい。

彼らの技術力や生産力・経営力も大したものだろうけど、

裾野にいる自動車部品メーカーが生み出す巨大なパワーを統合しての、自動車メーカーなのだから。

頂点に立つものは、謙虚な心を持たないといけないね。


身体が大きく個体の少ないシマフクロウは、特別優れた能力を持った動物ではない。

昼間はひっそりと隠れ、夜には小動物や川魚を採って地味に暮らしている。

自動車メーカーが下請け・孫請けの自動車部品メーカーに無理難題を押し付け、

利益だけを奪っている状況では、いずれ崩壊するのではないか。

だって、同じアンブレラ種のシマフクロウが自然界を崩壊させているなんて聞いたことがないよ。


アンブレラ種は謙虚に。

自動車メーカーたちは、自分たちの傘の下にいる存在によってこそ、

自分の生きる環境が与えられていることを、もう一度意識して欲しい。

自然の生態系を一度失ってしまうと、元に戻すためには大変な時間と労力を必要にする。


一度失ってしまった愛は、どうにも元に戻らないものだろう?

だからアンブレラ種はその大きな傘の維持に努め、共存共栄を図らないといけないものだよ

 

未来のクルマ社会

豊田市トヨタ町1番地

住所が示す強烈なインパクト

そこはトヨタ自動車本社のある いわば日本のクルマ業界の本丸


歴史や情けより実をとるのが懸命な道だよ

この市は 古事記にも記載がある 「挙母」 という由緒正しき市名を捨て

税収の大部分を占めるトヨタ自動車と共存することを選んだ町

それが愛知県豊田市 クルマと人との共存社会
誰もが夢見るそんなハッピーエンドストーリーに 今日はあえて苦言を呈してみようか

僕たちを待ち構えている落とし穴 未来のクルマの渋滞のお話

 

平日の朝 クルマの未来を体現するようなことが トヨタ町1番地では起きている

車通勤するトヨタ社員たちの車の列は その平和な一地方町の道路を ひどく渋滞させ

普段は20分で行ける道に 時として1時間もかかるようなクルマ渋滞を招いてしまう


それはね 仕方のないことなんだ

何千人というトヨタ社員に加えて 常勤しているトヨタ関係会社の人たち

それに豊田市内の製造業に携わる人の8割が クルマ関係というほど

付近には部品メーカーが沢山あるし クルマ関係で活気に満ちた町の経済活動の始まり

加えて トヨタ自動車や三菱自動車のお膝元 ということからか

愛知県は成熟された車社会だし

一人一台に近く 誰もがクルマを欠かさず利用している 土地柄があるのだから

 

 

 


――あぁ でもね クルマの会社の周りで ひどく渋滞するって それって大きな皮肉!


販売のトヨタだから 地元で沢山のクルマを売って 車社会を助成してきたのでしょう

豊田市近郊の 充実した高速道路ネットワーク

中部空港まで向かう途中の 3車線の立派な自動車専用道路はトヨタの威信を見事に体現した

だけどそのトヨタの社員たちが 毎朝の渋滞によって 面倒を受けているなんて

駐車場が一杯で 止めきれなくなった通勤車は 駐車場横に路上駐車されていると聞くし

みんなが一斉退社する時間帯には大駐車場から出るだけで1時間はかかってしまうらしい

クルマを売る会社が 多過ぎるクルマに悩んでいるなんて それが正常なものとは思えないよ


未来のクルマ社会は 渋滞に悩まされるものだと思うよ クルマは進化してゆくだろう

ハイブリッド車から燃料電池自動車になり 車体も小型化・軽量化されてゆく

けど 道路は それについてゆかないだろう

人間のモラルも同様に 鈍行では進んでゆくことはあっても

経済界のドッグイヤー・ラビットイヤーには 到底追い付けるわけもない

その結果、何が起こるのかな?

やっぱり渋滞に悩まされるクルマ社会の悲鳴と 無駄な待ち時間の垂れ流し

それが僕には 目に見えるようなんだ


人間なんて 普通にしていたら ダメになってしまうもの 時代がいくら進んでも変わらない

怠惰な人間たちでは 決して渋滞問題を解決できない では誰がなんとかできるのか?

僕に見えるのは 国家ではなく それもやっぱり民間のトヨタ自動車なんだよ


環境に配慮したクルマを 提供することに優れたトヨタ

政府の意向も含まれたとしても 実際に成し遂げるのは彼らだ

きっと数十年後のトヨタ役員のぼやきはこうなるよ

「渋滞まで民間が解決しないといけないのか! お上はそれすらもできないのか!」 って

 

このままクルマ産業の独走が続けば 日本中にますますクルマが増えてゆく

増えるのはいいが 買う以上に捨てるのは難しいことだし

リサイクルだって 販売と同じペースでできるとは思えない

その結果に待っているのは何? 渋滞だよ やっぱり渋滞だよ


愛知県の交通死亡率は 全国でもワースト1

クルマ産業に携わっている人と その家族が多くて

クルマに関する意識は高いはずなのに それでも毎年ワースト1の常連だなんて

そこから僕たちは 何を読み取ればいいのだろう? 結局は渋滞と交通事故

未来のクルマ社会は どうしてもそこにたどり着いてしまうように思えて仕方がない

――そんなちょっとネガティブなお話

 

 




1