未来の車 デザイン

未来の車はデザイン重視、ファッションとしての必要性に巻き込まれるんだ。

これは僕の予言さ、このメッセージを読んだ以上、あなたの脳裏から離れようとしないイメージ。


車の誕生からたった100年、人智を尽くした開発により、車の性能は電気自動車で頂点に到達。

燃料はクリーンな電気、悪い排出物はなく、車が走ることで環境破壊はない。

IT技術の発達で、もはや未来の車では人身事故ができない仕組みになり、安全性も確立した。

夢の車はケタ違いの価格だったけど、あっという間に製造コストが下がり、

年収300万円の人でも、未来の車は買えるようになっていったのだ。

 

 

 


夢を求めて飛び続けている途中の人はいいよね。

いざ、夢にたどり着いてしまった人は、その次の夢をどこに求めればいいのだろう?

現状との変化に、退屈しのぎを求めるのが人間だから、

なんと未来の車の行先は、デザインや外装を自由自在に変化させられることに注がれる


あのね、今日のラッキカラーはパープルって聞いたから、今朝、車体をパープルに変えてきたの。

俺は今日のロングドライブに向けて、車体を低く、スポーツカー風にしてきた。

でも帰りは大勢乗せるから、3列シートのプリウスワンボックス風に変えるよ。


そんなメチャクチャな会話すら、未来の車にとっては当たり前。

内装も外装も変えられなかった鉄の塊が、未来の車になったら自在に変幻できるソフトシェルへ


ファストファッションの波が未来の車の人気を左右するなんて、あなたの車常識では測れる?

 

 




1