プリウスアクア予約

一足先にプリウスアクアを予約する私は、車道を走るプリウスアクアの群れを魚に見立てる

低燃費・低価格・ブランド力の3つを揃え、デザインに弱さがあろうとも、

プリウスアクアは予約を殺到させる魅力を備えた、2012年の大ヒット車間違いなしだ。


プリウスのハイブリッドエンジンは、空のイメージを追求しているかと思っていたら、

まさかまさかのプリウスアクア、イメージは海へと潜る水素ワールドだった。

 

2013年からは車道に多くのプリウスアクアが走るだろうな、

その絵は、同じ魚が群れをなして大移動している、海底の命の営み。


ガソリンを使っているとはいえ、ハイブリッドカーのエンジン音は小さく、

ドライバーの目には見えないものだから、水中でのお魚たちの推進力と同じく、

不思議な力がお魚や車を前進させている、まるで有害物質なんて発していないかのように。

 

 

 


プリウスアクアの予約販売において、どんなイメージ宣伝がされるのだろうね。

雨の中を走るマラソンランナーのように、省エネルギーを維持しつつ長距離を走る絵か。

北海道から北アメリカまで泳ぎ続けるカラフトマスの魚群か。

水流のエネルギーに乗ってプカプカと浮き続けるちゃっかり者の浮き輪?

 

プリウスアクアの予約に夢中になっている私は、いよいよ自然界への回帰を空想し始める。

アクアは命の母、地球上のすべての生き物は海の中から生まれている。

鉄の塊として産まれた自動車が、あたかも命を湛えた生き物のように、海中へと帰ってゆく。


その矛盾にケタケタと笑いながら、でも、エコのイメージを求めるならそうなるのも分かる。

大きなテーマを抱えたよね、プリウスアクアという名前は


エコはどこに落ち着くのだろうと考えると、やはり海中に回帰するしかないと思うから

プリウスアクアの予約に関する、そんな連想物語はエンドレスにつながっていく。

 

プリウスアクア 日本の美

プリウスアクアとは、日本の美の結集なのだ。

40KM/1Lという圧倒的な燃費性はもちろんのこと、ヴィッツクラスの小型車。

小型かつ高性能という2大コンセプトは、まずもって日本メーカーの常勝パターンだが、

プリウスアクアはそのコンセプトを、世界の自動車メーカー、

いや、競合する日本の自動車メーカーの中でも、ぶっちぎりで先行しているのだ。


それだけでもプリウスアクアの美しさが際立っているが、

トヨタ自動車の攻勢はエクステリア・インテリアにまで日本の美を散りばめている。

アクアカラーで統一されたインテリアの中でハイブリッドシナジードライブをすれば、

まるでドライバーは水中の気泡の核になった居心地を感じる。

 

プリウスやプリウスアルファから受け継いだエクステリアの陶器質感は、

見るからに優しく美しく、歩道から見かけるプリウスアクアのドライバーは

紛れもない善人か、黒髪の美人さんを連想させてくれるものだ。

 

 

 


ボディカラーをアクアブルーあたりにすれば、もう朝の通勤時間で

車の存在だけに一目惚れしちゃいそうな、小柄な美しい人。
ハイブリッドシステムにかき消されたエンジン音、静粛性の勝利。

樹脂パノラマルーフで軽量化されたルーフラインで、空力性能は豊かに。

エコカーのシンボルとはもはやプリウスファミリーではなく、

プリウスアクアに移ってしまったかのような錯覚を覚えてしまうよ。

 

ゴツゴツしたアメ車の対極を突き進んでいるのがプリウスアクアの日本の美、

日本特有のガラパゴス進化を遂げているから、世界では通用しない時もあるだろう。


でもね、こればかりは継続することで評価は浸透していく気がするよ。

日本固有の文化、アニメやアイドルだって、人間の根元に訴えるものがあるから

今や世界に通用する日本文化になっているだろう?


エコカーの日本文化的な最終形がこのプリウスアクアの行き先だと思うけど、

それって未来の車の究極、高性能で美しい乗り物を叶えているから、

やっぱりプリウスアクアの存在は、日本の美から世界の美へ

 

トヨタアクア納車日

トヨタアクアの納車日を待ち続ける心は楽しいもので、このまま続けるのも悪くない。

夢を見ている最中こそが一番幸せな時間、叶えてしまった夢は色を失ってしまうから。

ところでトヨタアクアのことをイメージしていると、なんて日本人らしいのかと舌を巻く。

水と森に恵まれた日本、そんな国にアクアという新しいハイブリッドカーのイメージがピタリと合う。


乾きより潤い、森の緑の中に流れる小川のマイナスイオン、今でも水も安全は湯水の如く。

トヨタアクアの走りは、省エネルギーで走るランナーであっても、

空を駆けるというよりも、森のトレイルを走り抜けるトレイルランナーか。

どうしてプリウスの名前を捨て、アクアという新しいブランドを立ち上げたのか。


そこには日本人らしい心があると思うのは私だけじゃないはず。

エコカーのイメージが電気自動車だけにあっては、どうも機械的で詰まらない。

森に、山に、神を見出していた日本人だから、エコカーにも神様を宿そうとしている。

燃費性を向上させるのは機械じゃないよ、森羅万象のなせる業なのだから。

 

 

 


日本人の心は、エコカーを技術力だけで向上させるのではなく、

そこに精神的な象徴を宿したのだから、カーエンジニアも日本の美を知る人だったのでしょう。

水の力がハイブリッドエンジンの燃費性を向上させているというイメージは、

なんだか非合理的なようで、論理的な思考回路にヒットするから、

森林が国土の7割を占めているこの日本では、不思議なく受け入れられる考え方。


トヨタアクアの納車なんて、悩む心はいらず、ただ明るくあればよい

森と水の精霊が、いつだって燃費性を担保してくれる。

日本で産まれた日本流のエコカーだから、アクアの名を冠するその車が、流れるように公道を走る。